農園やまねこ

アマチュア農家の日常。

【やってみた】ジャガイモの芽挿し栽培

 

現代農業に載っていた画期的なジャガイモの栽培方法、“ジャガ芽挿し栽培”をやってみました。

 

 ジャガ芽挿し栽培とは

ジャガ芽挿し栽培とは、種芋から出る複数の芽を種芋からハズし、芽のみを畑に植え付ける栽培方法です。

 1度芽出しした種芋でも再度植え付ければ再び芽が出る為、お財布に優しい栽培方法と言えます。

 

ジャガ芽挿し栽培やってみた

芽出し

3月の上旬、ハウス内に適度な深さの溝を作り種芋(キタアカリ)を植えました。ハウス内と言えど、外は氷点下になる事もあり出てきたジャガ芽が枯れることも……。この時期寒冷紗必須です。

 

掘り上げ

 4月の上旬。種芋植え付けから1ヶ月程度。
f:id:mi_ya5:20170611194023j:image
f:id:mi_ya5:20170611193253j:image

一つの種芋から大体6つほど芽が出ました。

生育旺盛な芽にはこの時点で新しいジャガイモの子供が……!(芋ができ始めてから芽を動かすのは良くないと思われるので、程よい大きさで掘り上げた方がいいかもしれません。)

種芋は別の場所に再度植えてそのまま栽培することにしました。

 

芽挿し
f:id:mi_ya5:20170611195321j:image

ハズしたジャガ芽を株間15cm前後の密植にし、深植えにします。

芋が緑化しないよう後に1度土寄せします。

 

収穫

芽挿しから2ヶ月後の短期間での収穫となります。

本来花が咲き、葉が黄化した頃収穫するはずのジャガイモが、ジャガ芽挿しだと花は咲かず、黄化せず収穫となります。(現代農業には黄化した頃収穫と書いてあった気がしますが。)

f:id:mi_ya5:20170611200023j:image

なかなか良いジャガイモが採れたと思います。

500g130円~少量ですが販売しています。

 

 

ジャガ芽挿し栽培のメリット

ジャガ芽挿し栽培のメリットは大きく分けて2つ!

種芋代の節約になる

一つの種芋から2度、3度……と芽が出る為、種芋代の節約になります。

種芋を切る必要が無く、種芋が腐りにくいのでマイナスが少ないというのもあります。

 

管理が楽

 通常の栽培方法では土寄せ2回、芽かきや花摘みが必要になりますが、ジャガ芽挿し栽培では土寄せ1回のみで済みます。

 

まとめ

他にも、大きさが揃う。クズ芋が少ない。雑草が旺盛になる前に収穫出来る。等のメリットがあるようですが、これに関しては全く感じませんでした。(オイ)

とにかく農家のサイフに優しい!これに尽きます~!