農園やまねこ

アマチュア農家の日常。

【夏ネギ栽培】播種~仮植え

 

2度目の挑戦、夏ネギ栽培。

課題はとう立ち回避。

プロのネギ農家が使うような、ネギ専用土寄せ機や、ひっぱりくん、出荷調整用のコンプレッサーがなくても作れる方法を模索しながらの栽培です。

 

播種

品種は耐寒性のある、石倉葱エース。去年播種した長悦はとう立ちこそしなかったのだけど、分けつが気になったので品種変更。
f:id:mi_ya5:20171120195808j:image

10月。200のセルトレイに5粒ずつ播種。

寒くて土が乾きにくいので、葉菜用のセルトレイ培土でも肥料効果が長持ちした印象でした。

 

植え付け(仮植え)
f:id:mi_ya5:20171120200255j:image

11月中旬、3715のマルチを敷いて植え付け。

本植え頃(4月)鉛筆くらいの太さになるのが理想なので元肥は少なめに。

使用済みビニール(ネギは弱光でも大丈夫らしい)でトンネルを作って、風対策をして作業終了。

 

管理

冬中の管理は、乾燥したら潅水くらいでしょうか。

ネギは鉛筆の太さで寒さを感知してとう立ちするようなので、追肥時期を間違えないように。

専用土寄せ機が無いので、土寄せ不要の植穴落とし栽培を目論んでます。雑草対策でマルチも張りたいところ。。。